6月13日水曜サファイアクラス(6才~9才クラシックバレエ)

トップ > 先生方からのレッスンメッセージ > 6月13日水曜サファイアクラス(6才~9才クラシックバレエ)

6月13日水曜サファイアクラス(6才~9才クラシックバレエ)

水曜サファイアクラス~指導:ワッシャー(鷲野礼奈)

本日は落ち着いた水曜サファイアとなりました。
しっかり発表会の練習をしていきましょう。

まずはいつも通りバーレッスンからです。
バーレッスンは身体をアップするためのものであると同時に
心をまっすぐにバレエに向かわせるための切り替えの時間といいますか
弦楽器でいうとチューニングの時間といいますか
心も整えられるので、私はとても好きな時間です。
もし、バレエ以外のことで頭がいっぱいになっていたり
逆に発表会のことで緊張しすぎて心がガチガチになっていたりしたとしたら
いったんふーっと息をはいて、他のことは考えず
バーレッスンのこと、私の言うことと
その通りに身体を動かすことに集中してみてください。
頭がスッキリ、クリアになっていきます。

DSC_0002 DSC_0003 DSC_0007

動きのことを少し。
ロンデジャンプアテールで、足を後ろにもってくるとき
軸足のかかとと同じラインの上につま先を持ってきてくださいね。
到達していない人がたくさんいます。
早く動かすときは、頑張って早く回さないと間に合いませんよ〜。

発表会の練習は、今日から鏡を背にして練習することにしました。
鏡をみて確認しながら踊る時間は終わりです。
自分が上手に綺麗に踊れるように練習するのは当たり前ですが
周りのお友達との並び方、どこを向いて踊るのかなど
そういうことを意識して踊れるようにしましょうね。

まずは”太陽”
綺麗に踊っていただきたいポイントを練習していきました。

今日は、3年生のソロの部分を良くしていきました。
ピケアラベスクのピケをするとき膝が曲がってはいけません。
何度も何度もやりましたが、右ができたと思っても、今度左はできない、、、
こういう練習の仕方ではどれだけ時間があっても足りませんね。
とくに3年生は、右を注意されたら左も同じように直せるようになっていただきたいです。
できていなければ、永遠に先生にやり直しを言われ続けるだけです。
言われ続けるのがいやならば、言われていることをやってみせるしかないのです。

それから、パディシャのところのアームスの動かし方も細かく確認しました。
もっと綺麗に見せられると思うのです。
今のままではバレエとは言えなくなってしまいます。
綺麗な見せ方を学んでいただけたらと思います。

立つタイミング、座るタイミングなど
あいまいになっていたところを確認しました。
忘れないようお願いします。

座ったときも続けてお胸をはってニコニコしていたのはももちゃんだけでした。
そう、じっと止まっているときもお客様からは見えています!
心は踊り続けていてください。

タイムのコーダ(先週末の合同稽古で新しく入った部分)を一度だけ確認しました。
スキップしながら手をあげたり、背中の後ろで組んだり、、、
意外と難しいですが、このクラスはまずは大丈夫そうでした。
後は、ふにゃふにゃにならないようにしっかり踊る練習をしないといけませんね。

“お祝いキューピッド” の方は、先週練習したことが体に入ってきましたね。
もう一つ上手に踊れると思いますので
まだまだ細かく練習していきましょう!

最後のポージングですが、あいちゃん、りりちゃん、二回自転した後
落ちついて歩いて、2人で前の足でセンター割りを決めてから座る
をしっかりやっていただきたいです。
2人の場所がずれてしまうと周りの人たちの場所が決まらなくなります。
行き当たりバッタリにならないようよく考えて、練習してきてください。

今週末も合同でお稽古ありますね。
今日の注意は早く消化して、合同の時にはできているようにしてくださいね。

DSC_0017 DSC_0019 DSC_0020 DSC_0021 DSC_0022

それでは、また☆

コメント:0

コメントフォーム
お名前やメールアドレスを記録しますか?

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://dreamparfait.com/archives/79795/trackback

ページの先頭に戻る