みな子先生のレッスン日記

トップ > みな子先生のレッスン日記 | 先生方からのレッスンメッセージ

12月1日土曜サファイアクラス(6才~9才クラシックバレエ)

土曜サファイアクラス~指導:杉もとみな子

 

1年生も背が伸びて体がしっかりしてきましたね!

プリエがフラフラだった頃が懐かしいです。

2年生もお姉さんらしくなりました!

体の使い方が少しずつ身についてきましたね。

3年生はポワントのクラスに出るようになり

ぐっと意識が変わりました。

バレエの楽しさだけでなく、厳しさもわかってきたようです。

とにかく筋トレとストレッチ!!まずは体作りが大事ですよ。

DSC_0099

今日はストレッチテストでした。

結果はいかがでしたか?

めぐちゃんはオールA〇でした!!!

頑張りましたね!!!

ぜひこれをキープしてくださいね。

 

もう少しでオールAになる人もいますね!!頑張って!!

まだCがある人は、どういうことでしょうか??

ブリッジも最初から「できません」というのはもうやめましょう。

一週間でも毎日必死で頑張れば体は変わります。

Cがあるとか「できません」という人は、最初からやる気がないということです。

そんなことでいいのですか??

ダメです!

苦手なこと、嫌なことから逃げたり、なんとかくごまかしてはいけません。

バレエを習っていて体が硬いと、毎週辛い思いをしなくてはいけません。

頑張って体を柔らかくすれば、毎週ストレッチが楽しくなるだけでなく

どんどん上手になりますよ。

自分を良くするのは自分です。

 

DSC_0101

DSC_0103

DSC_0106

DSC_0110

DSC_0113

DSC_0116

DSC_0122

DSC_0124

DSC_0125

DSC_0127

DSC_0132

フロアで毎週やっていることを早く覚えてください!!

覚えないと上手になるレッスンができませんよ。

周りをキョロキョロしないで

自分に集中してレッスンしましょう。

DSC_0139

グランジュッテ!!

お尻が重いですよ~~~ヽ(;▽;)ノ

大きく跳べる体を作りましょう

12月1日土曜ルビーAクラス(3才~6才バレエ・歌・読み聞かせ・お話づくり)

土曜ルビーAクラス~指導:杉もとみな子  アシスタント:糸原聖美

今日は12月最初のレッスンでしたので

ストレッチテストでした。

結果はいかがでしたか?

毎日一生懸命ストレッチをしていないと

一度柔らかくなってもまた、硬くなってしまいますね。

頑張って全員がハナマルをもらえるようになりましょう。

 

DSC_0043

DSC_0044

 

DSC_0045

 

DSC_0047

DSC_0048

DSC_0049

年長さんは体がしっかりしてきましたね!!

この調子で頑張りましょう。

DSC_0058

バーレッスンの時は姿勢よく、キョロキョロしないで

しっかり前を向いてください。

まだできないお子さんもいらっしゃいますが

どうしてそうしなくてはいけないかを

わかりやすくお話しました。

心を落ち着けて集中しましょう。

DSC_0059

DSC_0060

DSC_0061

DSC_0062

 

フロアの最初にパドゥブレをします。

両足を足の付け根から開きましょう。

もちろんかかとも外側に開いてくださいね。

そのために、体もいっぱい引き上げてください。

 

DSC_0064

DSC_0066

DSC_0067

DSC_0068

DSC_0069

DSC_0070

今日は新しいステップをしました。

つま先を強く伸ばす意識を身につけましょう。

DSC_0072

今日はストレッチテストや、バレエに時間をかけたので

お歌をササッと歌って

ご本は読めませんでした。

DSC_0075

DSC_0077

来週はまたお話づくりもしましょうね!!

お休みだった人は来週ストレッチテストをしますね。

 

12月1日土曜パールクラス(2才、3才バレエ・歌・読み聞かせ・お話づくり)

土曜パールクラス~指導:杉もとみな子  アシスタント:糸原聖美

今日も元気いっぱいの土曜パールちゃんたち!

3才になられたお子さんは本当に体がしっかりして

お姉さんらしくなりましたね。

 

DSC_0010

DSC_0002

小さいお子さんでスタジオに入るときは泣いているお子さんもいますが

みなさんすぐに切り替えて

ニコニコでレッスンをしています。

もうすっかり慣れました。

DSC_0003

DSC_0007

DSC_0016

今日もお姉さん達は、バーレッスンをしました。

まだ、バーを持って立つだけですが

少し嬉しそうです。

まだ、なんのことやらわからないお子さんもいますが・・・

DSC_0018

DSC_0020

バーの後に動物ステップをしました。

ペンギンさんにガオ~~~~

とっても可愛いです!

DSC_0023

DSC_0024

一人ひとりのステップをする頃

特に2才ちゃんたちは、そろそろ充電がきれてきて

じっとしていられなくなりますね。

まだ無理もありません。

 

お姉さん達は「いど~」という声を聞いて自ら速やかにい動く練習をしていきましょう。

DSC_0026

DSC_0028

DSC_0029

最後はスキップ電車です。

上手についてこられるようになってきました。

DSC_0031

そして、お歌は2チームに分かれて歌いました。

上手に歌えるかな~~みなさんお歌も大好きですね!

DSC_0033

DSC_0001

 

読み聞かせを聞く場所のとりっこになった小さいお友達に

お姉さんが「おねがい」って頼むんだよと教えてくれました。

レッスンを通じて、いろいろなことを学んで行きましょうね!

お時間が少なかったので今日は

「うずらちゃんのかくれんぼ」を少しだけ読んで終わりました。

 

毎週毎週ぐんぐん成長していくパールちゃんたち!!

来週も頑張りましょう!

11月30日金曜エメラルド&ガーネットクラス(9才~15才クラシックバレエ)

金曜エメラルド&ガーネットクラス~指導:杉もとみな子

「こころの鏡」を暗唱してレッスンを始めました。

6番目と8番目は特に覚えておいて欲しいことです。

 

バレエだけでなく人生のいろいろなところで役に立つでしょう。

ミニーで育った人は、強く正しく美しく ヽ(・∀・)ノ

 

DSC_0140

 

このところ、ニューイヤーのリハーサルを見ていて感じていることをお伝えしました。

・手の指先を美しく!

・お膝をしっかりのバス意識

・普段から甲をストレッチして、ポワントにしっかりのりきる努力をしてください

DSC_0141

DSC_0142

タンジュ一つ、一ミリも膝が緩まないという強い意識が大事です。

DSC_0144

DSC_0145

DSC_0146

DSC_0147

DSC_0139

音楽もよく聞いてレッスンしましょう。

 

フロアの最後はグランワルツです。

楽しくなって大きく踊るのは良いのですが

一つひとつおちついて、丁寧に踊ってくださいね。

 

11月30日金曜サファイアクラス(6才~9才クラシックバレ繪

金曜サファイアクラス~指導:杉もとみな子

 

「こころのとびら」を1番から~10番まで暗唱してからレッスンを始めます。

リズムを付けて元気よく暗唱しましょう。

ただ言葉を覚えて言うだけでなく

どういう内容なのかもしっかり心にいれてくださいね。

 

とにかく早くバレエの基本の体の使い方を覚えましょう。

言われたことは必ず全力でやってくださいね。

なんとなくではなく、体に覚えさせるつもりでレッスンしましょう。

 

バーをもって立ったとき

おしりが出ていたり、肩が上がったり

お腹が出て反ってしまったり、

なかなか真っ直ぐに立てていません。

もっとご自分の体がどうなっているか

集中して感じてください。

DSC_0125

後ろに足を上げたとき(アラベスク)ご自分が思っている以上に

お膝がゆるんでいます。

つま先までしっかり力をいれて長く美しい足を見せてくださいね。

DSC_0127

DSC_0128

グランバットマンをする時は

軸足をしっかり床に押してずれないように立ちましょう。

背中が斜めにならないようバーに向かってまっすぐキープしてくださいね。

DSC_0130

DSC_0132

DSC_0133

毎週立っているフロアの順番を覚えてください。

ご自分で覚えないことには、練習ができません。

一週間やらないと忘れてしまいますから、おうちでも思い出して練習してくださいね。

DSC_0134

3年生は特に、もっと自信をもって

妹たちに背中が見せられるようにしっかり踊ってください。

どうやったら自信が持てるか。

それには練習あるのみです!!!

2年生もそれに続いて頑張ってください。

 

DSC_0136

これも毎週やっているグランジュッテ。

なかなか高く大きく美しく跳べるようになりませんね。

もっと音をよく聴いて、お胸を上げて美しい上半身も意識してください。

 

来週はストレッチテストです。

一週間でも体は変わります。

できることを毎日精一杯やってくださいね。

 

 

11月26日月曜サファイアクラス(6才~9才クラシックバレエ)

月曜サファイアクラス~指導:杉もとみな子

今日は届いたばかりのCD(星美和さんのクリスマス曲のレッスンCD)で

レッスンしました。

クリスマスの曲を聞くとワクワクしますね~~

いつもより上手に踊れるような気がしますね。

 

動きはいつもと一緒でも

曲が変わると踊り方が変わりますよ。

音楽をよ~~く聞いてきちんとその曲のリズムとメロディに合わせて踊ってください。

そのほうが上手に踊れます!!

DSC_0025

DSC_0028

後ろのタンジュ(タンジュだけでなくジュッテ、アラベスクも同じ)

の足の出し方をしっかり身につけてください。

フロアでは特に、体がねじれて足も開いていません。

難しい立ち方ですが、練習すればできます!!

DSC_0030

DSC_0031

横に足を出した時の膝、かかとの向きは

言葉で聞けばわかるのに、やってみるとできません。

DSC_0032

 

DSC_0035

今日は大きいお姉さんたちだけでしたので

ロンドゥジャンプ、アンレールの練習をしました。

新しい事を覚えるときは、とにかくよく見て話を聞いてください。

そしてすぐにやってください。

DSC_0037

 

バレエの走り方は難しいですね~~

つま先から床につきましょう。かかとをペタペタとついてはいけません。

もちろんアンドゥオールです。

手の位置、顔の向き、目線などなどいろいろ決まっていますよ。

たくさん練習して全て正しく、体で覚えてください。

DSC_0041

DSC_0043

DSC_0046

DSC_0051

最後にお話をしました。

3年生は特にトゥシューズを履きたいのならば心に刻んでください。

これまで小さい時は、たのし~!かわいいい~~~~!バレエだったのですが

これからは、それだけではありません。過酷です。

バレエを身につけるということは

高い山に登るのと同じです。

お山のてっぺんを目指して歩み続けるのです。

怠けたりすると、その分滑り落ちます。

一歩々々歩んで登って積み重ねて上に登るのです。

途中に目標を作りましょう。

足を高く挙げられるようになる

ピルエットが回れるようになる

グランジュッテで高く足を180°開いて跳べるようになる

トゥシューズで踊れるようになるというのもそのひとつです

途中の目標です。

 

トゥシューズを履くためには、もちろんつま先で立つ力がなくてはダメです。

そのための筋肉、足を外側に開くアンドゥオール、柔らかく強い甲、引き上げる力などなど

いろいろ必要です。

体を鍛えて変えなくてはいけないのです。

普通の人にはできないことなのです。

辛くて苦しくて長い道のりですが、一つひとつ目標を達成していく喜びは特別です!

とってもとってもとっても嬉しいです!そして達成するたびに自信がつきます。

その自信は、バレエだけでなく人生で出会ういろいろな出来事に対する時に役立ちます。

苦しくても辛くても歩みを止めず、コツコツと積み重ねて目標を達成することができる人は

周りからも認められます。

 

皆さん大変大きなおめめで、神妙に私の力説に耳を傾けてくださいました。

が、わかったかな~~~(笑)

花粉症で声がかすれていたので、凄みがあったかもしれませんね(笑笑)

 

来週はストレッチテストです!

 

11月25日ニューイヤーコンサートリハーサル(ルビー サファイア)

ニューイヤーコンサート ルビー&サファイア~指導:糸原聖美 NOZOMI 杉もとみな子

 

杉もとより

先週は宮川彬良さん、吉野社長、舞台監督さん、照明さん、アトリエヨシノの制作の方がいらして

作品の振り付けをご覧頂きました。

直しがあるかとドキドキでしたが、

「思い通りのイメージで嬉しいです」というお言葉をいただきほっとしました。

DSC_0121 DSC_0153 DSC_0145 DSC_0139 DSC_0135 DSC_0133 DSC_0125

 

あとは皆さんが今の振り付けを上手に踊れるよう頑張ってたくさん練習しましょう!!!

オーケストラの生の演奏で踊れる事は、大人でも滅多にありません。

とても幸せなことなのです。

ただ、心配なのは生なので録音と違い

テンポや休符の長さ、ニュアンスがその時々で変わることがあるということです。

これは大変ですよ!

その時に鳴る音楽をよく聞いていなくてはいけないのです。

そしてそこに自分を合わせることに集中しなくてはいけません。

とても難しいことですがでも!でもでも!これは普段から必要だとわたしが思っていたことです。

皆さんに欠けている力です。

なので、成長できるチャンスです!必死になってくださいね~ワクワクヽ(´▽`)/

 

リハーサル後の打ち合わせで

広さの事など考えて、アトリエヨシノさんが新宿村の広いスタジオでリハーサルできる機会を作ってくださいました。

1月8日(火)16:00~21:00でスタジオがとれたそうです。

申し訳ございませんが年明けにまたリハーサル日を一日増やして頂きたく存じます。

詳しいお時間はまたご連絡頂くことになっていますので

決まり次第ご連絡致します。(LINEでお伝えします)

 

さてさてここからは

25日のルビークラス、サファイアクラスのレッスン日記です。

 

まず、事務所から最初にスタジオに入る時は

大きな声でご挨拶をしましょう。

ルビーちゃんたちはとても良いです!

サファイアのお姉さんたちは、蚊の鳴くような声ですね。

まずここでやる気がわかりますよ。気合です。

ご挨拶は、それまでレッスンをしていたお姉さん達に。

これからレッスンするスタジオに。

教えてくれる先生方に。

一緒に頑張るお友達に。

そしてなにより、自分の心のに「おはようございます!!」と大きな声でご挨拶しましょう。

恥ずかしがっている場合ではありませんよ。

 

声の出ていない人はレッスンもトロンとしています。

時間がかかるのでもっとキビキビしてください。

 

まずまだ振り付けを覚えていない人はおかしいです。

一度もおうちで復習をしていない人は、自信なく人のことばかり見て踊っています。

それでは練習になりません。

振り付けをもらって、もう随分時間がたっていますよ。

まずおうちで一人で、正確にカウントしてしっかり踊れるようになってきてください。

この日のレッスンでは時間をかけて正しいカウントをしっかりとお教えしました。(特に「ワン」)

この時は全員が覚えたはずです。

でもおうちで確認しないとすぐに忘れてしまいますよ、人間だもの。

まさかもう分からなくなってはいないかと私は心配でなりません。

来週の日曜日までに確実に踊れるようになってきてくださいよ。

もし忘れてしまったなら、日曜日までに私に聞きに来てください!(怖がらなくても大丈夫、踊れないと困ります)

 

なので、より正確に踊れるようになれるために

<ご自分が踊る曲を一日3回は踊ってください>と宿題を出しました。

 

宿題はもうひとつあります。

バトマン タンジュ デリエール (片方の足を後ろに出して立つ)アラベスクとも言います。

練習をしてください。内足になっておかしなポーズの人がたくさんいます。

それはバレエではありません。

お子様には伝えています。

両方の足を足の付け根から外側にひらいて

強くお膝を伸ばし

軸になる足は床に突き刺すように強く伸ばして押し

出した足のお膝も足首もひらいてつま先を強く綺麗に伸ばすのです!!

第一アラベスクの場合、軸足のほうの手を顔の前に出して

もう片方の手は横。

肩を下ろして長いお首で、前に出した手の先の遠くに目線をとりましょう。

 

レッスンでもほば毎回するポーズですので

早くできるようになってください。

 

来週のレッスンではびっくりするくらい元気なご挨拶と

前を向いて自信を持って踊る姿が見られることを楽しみにしていますヽ(・∀・)ノ

DSC_0066 DSC_0068 DSC_0078 DSC_0079 DSC_0080 DSC_0081 DSC_0082 DSC_0083 DSC_0084 DSC_0085 DSC_0086 DSC_0087 DSC_0089 DSC_0090

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月25日ニューイヤーコンサートリハーサル(エメラルド以上)

ニューヤーコンサートリハーサル~指導:NOZOMI 糸原聖美 杉もとみな子

 

杉もとより

先週は宮川彬良さん、吉野社長、舞台監督さん、照明さん、アトリエヨシノの制作の方がいらして

作品の振り付けをご覧頂きました。

直しがあるかとドキドキでしたが、

「思い通りのイメージで嬉しいです」というお言葉をいただきほっとしました。

DSC_0121 DSC_0125 DSC_0133 DSC_0135 DSC_0139 DSC_0145 DSC_0153

あとは皆さんが今の振り付けを上手に踊れるよう頑張ってたくさん練習しましょう!!!

オーケストラの生の演奏で踊れる事は、大人でも滅多にありません。

とても幸せなことなのです。

ただ、心配なのは生なので録音と違い

テンポや休符の長さ、ニュアンスがその時々で変わることがあるということです。

これは大変ですよ!

その時に鳴る音楽をよく聞いていなくてはいけないのです。

そしてそこに自分を合わせることに集中しなくてはいけません。

とても難しいことですがでも!でもでも!これは普段から必要だとわたしが思っていたことです。

皆さんに欠けている力です。

なので、成長できるチャンスです!必死になってくださいね~ワクワク。

 

リハーサル後の打ち合わせで

広さの事など考えて、アトリエヨシノさんが新宿村の広いスタジオでリハーサルできる機会を作ってくださいました。

1月8日(火)16:00~21:00でスタジオがとれたそうです。

申し訳ございませんが年明けにまたリハーサル日を一日増やして頂きたく存じます。

詳しいお時間はまたご連絡頂くことになっていますので

決まり次第ご連絡致します。(LINEでお伝えします)

 

 

 

 

さてさて、ここからはエメラルド以上のリハーサルについてです。

 

後半、私がスタジオ覗いた時に

のぞみ先生がおっしゃっていましたね。

 

音楽をよく聞いて、間とかそのニュアンスをもっとつかんで

イメージを作って踊りなさい。

 

これはとても大切なことです。

踊りなのですから。

体だけでなく、心も動かさなくてはいけないのです。

それを見てお客様も心を動かすのです。

それができたらとっても幸せです~~~

振り付けが体に入ったら、次はそれをどんな風に踊りたいか

ご自分でイメージをどんどん膨らませてください。

 

それから、私が思ったこと。

手の指先が使えていません。

爪の先まで神経を使って踊りましょう。

うちわのように、手の指をひらいてパタパタしていたり、

お人形の手のように固まっていたり

だらしなく開いていたり・・・・

とにかく綺麗ではありません。

といいますか、アームスがちゃんと使えていたらそんな指先ではないでしょう。

もっとご自分で研究してください。

手首も手の指も使って、しなやかで強いアームスを身につけてください!!

 

それから「ジュ・ドゥ・ヴ」のリハ中

周りで自習している人たち。

自習することはもちろんですが

今目の前でやっているリハを見てたくさん勉強してください。

あなた達は踊らない演目ですが、先生のおっしゃっていること

踊っている人がどのようにしているかなど、学べることがたくさんあります。

トロンとして時間を無駄にしないでください。

いつか上手になって、真ん中で踊る人は、常にそれを目指してコツコツ頑張る人です。

そして先生や自分より上手な人を目を皿のようにして見て

その人の良いところを学ぶ人です。

与えられたことだけしていては、いけないのですよ。

 

全体的に

まだトゥにのりきれていない人は仕方がありませんが(まずのってください)

膝を伸ばす意識と筋力のレベルが低いです!

もっともっと力を入れないと、お膝は伸びるようになりません。

タンジュでさえゆるんでいます。気づいていますか?

いえ、気づいている様子はありません・・・ダメですよ。

もっともっと汗をたくさんかいて、膝を伸ばしてください。

もしこのブログの写真を見て、ご自分の膝は伸びていると思うのでしたら

ほとんどの場合それは間違いです。

もっともっと伸びるはずです!

 

甲が硬くて、トゥにのれない人は

毎日毎日暇さえあれば、足の甲を伸ばしてください。

シューズを履かず、裸足や靴下でいいのです。

おうちでも、学校でもできるでしょう。

それくらい強い気持ちで体を変えていかなくてはダメですよ。

 

今回の舞台はとても意味のある舞台です!

本番を終えたときには、全員が見違えるように上手になってください!絶対にヽ(´▽`)/

 

 

 

 

DSC_0024 DSC_0063 DSC_0061 DSC_0060 DSC_0055 DSC_0054 DSC_0051 DSC_0049 DSC_0046 DSC_0042 DSC_0039 DSC_0036 DSC_0035 DSC_0034 DSC_0033 DSC_0027 DSC_0026

11月24日土曜サファイアクラス(6才~9才クラシックバレエ)

土曜サファイアクラス~指導:杉もとみな子

 

すみません!

写真だけをアップしてしまいました。

以下レッスン日記です。

 

ここ一ヶ月間口うるさくお伝えしていた

アームスの使い方が少しずつ身についてきました。

バーレッスンはお子さんにとって、つまらないものかもしれません。

でも、同じことを毎週毎週繰り返すことで

体に覚えさせているのです。

頭で考えて体を動かすのではなく

まず何も考えなくても、バレエの体の使い方が出来なくては

バレエは踊れません。

DSC_0090

DSC_0091

DSC_0092

言われたことはすぐ!!

素直にやってください。そしてそれを覚えてください。

一度習ったことは忘れてはいけません。

何度も同じことを言われるということは忘れているということですね。

それとも、やらなくても良いと思っているのでしょうか?

そんなわけはありませんね(´・ω・`)

 

DSC_0093

DSC_0094

話の聞き方が下手な人もいますね。

話の内容をしっかり頭と心に叩き込んでください。

習うのですから、先生の言うことはどういうことなのか

とか、何回足を上げるのかとか、脳みそたくさん使ってください。

ぼ~~~っと聞き流していて

・言われたことをしない。

・数を間違える。

なんて本当におかしなことです。

 

今聞いたことができないなんて、やる気がないとしか思えません。

手の高さとか、かかとを開くとか、何回足をあげるとか、簡単なことです。

怖く叱られなければできないのでしょうか?

そんなのおかしいです。

DSC_0097

DSC_0099

と、謎の多かったこの日のレッスン。

こんなことで叱られているなんてレベルが低いです!

自分のために、良いレッスンをしましょう。

良いレッスンというのは、目的をもって少しでも近づけるよう努力するということです。

 

せっかく体が柔らかくなったのに、またサボって硬くなってはいませんか?

来週はストレッチテストですよ。

DSC_0101

DSC_0103

DSC_0104

一つの習い事を、真面目に積み重ねて

身につけていくことで、たくさんのことが学べます。

自信もつきます。

 

それは他のことにも役立つ自信です。

でもそれは、ママやパパに言われたからではなく

先生に言われたからでもなく、自分のために頑張った人でなくては

得られない自信です。

 

頑張って力をつけて、上手に踊れるようになると

もっともっとレッスンが楽しくなりますよ!

頑張りましょう!

 

11月24日土曜ルビーAクラス(3才~6才バレエ・歌・読み聞かせ・お話づくり)

土曜ルビーAクラス~指導:杉もとみな子  アシスタント:ワッシャー(鷲野礼奈)

このクラスは、パールさんたちの次のクラスなので

自然にお姉さんらしい雰囲気からのスタートになりますね。

皆さん始まる前から良い姿勢でしっかりポジションで立っています。

素晴らしいですね!!

 

引き続きストレッチを頑張りましょう。

つま先まで力を入れて伸ばしてください。

DSC_0175

腰がまず後ろに引けていては、前に上体を倒すことができませんね。

前屈には復帰や背筋も必要です。

ということは筋トレにもなりますよ。

同時に膝の裏側や足の甲、土踏まずにも力を入れて足の筋トレもしましょう。

DSC_0176

DSC_0181

頑張ったあとの良いお顔は、皆さん本当に可愛いですね。

ちょっと恥ずかしがっている人もいますが

ここは思い切ってポーズをしましょう。

DSC_0182

笑顔はパワーを生み出して、心も体も元気にしてくれます。

頑張れる私って素敵~~~

DSC_0183

そしてまた、体を鍛えましょう!!

DSC_0187

 

バーレッスンは自分に向き合う時間です。

集中してやるべきことをしっかりしましょう。

DSC_0189

DSC_0042

つま先があまりにもブラブラなので

一度シューズを脱いでチェックしました。

バレエのつま先はいつも伸びていなくてはいけないのです。

とても力がいるのです。

シューズを履いてもこのように綺麗に伸ばせるように

普段レッスンをしていない時も伸ばす練習をすると良いですよ!

早く綺麗なつま先で踊れるようになります。

 

 

DSC_0041

DSC_0040

DSC_0034

 

おうちでストレッチするとき,このようにつま先のストレッチもしてみてください。

継続は力なりです。

来週はストレッチテストです!!!

楽しみにしています!

ページの先頭に戻る