第15回 発表会

トップ > イベント | 発表会 > 第15回 発表会

ミニー・ストーリー・ダンス発表会vol.15

日程
2008年9月14日(日) 開場16:00 開演16:30
場所
めぐろ パーシモンホール 大ホール

発表会の様子

プログラム

第一部

1.プロローグ
春の物語のはじまり
2.氷の世界
恐ろしい氷の女王は、冷たい風と共に荒れ狂い
春の女王をよびおこす妖精スプリングエフェメラルをカラスの姿に変えてしまう
3.ツバメの夢
今年も南の国からツバメが花園にやってきた
しかしそこには花が一つも咲いていない
ツバメは、昨年の美しい花園の夢をみる
4.願いそして旅立ち
花の妖精フェアリー・フルールと花のつぼみたちは 夢からさめたツバメに少しばかりの蜜を渡し、春の国へ行くようお願いする。
5.春を待つ動物たち
春の国へ行く途中、ツバメは寒さに震える虫たちや動物と出会う
6.優しい心
お腹を空かせて弱ったハチ・・・
氷の女王に捕らえられて姿を変えられてしまった妖精・・・
ツバメの優しい心は、氷の冷たい心をとかし北風を春の風に変えた
7.春の訪れ
氷の女王の魔法がとけ、スプリングエフェメラルは元の姿に!
優しい春の光の中で女王が目覚める
8.コーダ
美しい花が咲き、春風とともに暖かい春がやってきた

発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子 発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子

第二部

1.1000年前の過ち
66億人の人間が住んでいた地球
おろかな争いの末 人間はメサンジェリアの花に思いを託し死に絶える
泉の主ファウンテンと、妖精ペダル&ペタルはその種を守り続けた
花が咲いた時、その花を見たものが世界を手に入れることが出来るのだ
2.歴史は再び
人間がいなくなってから1000年。
地球にはシャインとダークという相反する生き物が住んでいた。
2つの種族は互いを憎み、争いを繰り返す。
3.争い
ファウンテンの命令で暁と黄昏を境に、泉を使う事をゆるされたシャインとダーク
それでも争う様子を憂えたファウンテンは、そこにメサンジェリアの種をまく
開花をめぐってシャインとダークはますます不穏な空気に・・・
4.出会い
掟を破って、偶然出会ったサニーとエトワール敵どうしの2人は・・・
5.悲劇
やがて夜になりサニーはダークにつかまってしまう。
しかし今まで知らなかった事実を知り、大切な事に気付いたその時
思いもしない悲劇が訪れる
6.メサンジェリアの開花
ついに伝説の花が咲いた!世界を手に入れたのは・・・・
7.もっと教えて
メサンジェリアの花に操られたペダルとペタルによって、シャインとダークは真実を知る。
8.Future
宇宙からちきゅうを見たら きっと一瞬で分るだろう 生まれてきたことの意味

フィナーレ

La La La

発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子 発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子 発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子

ゲスト出演
青木香葉 ベリーダンス
大塚宝 和太鼓奏者
スタッフ
構成・脚本・演出・振付指導:杉もとみな子
作曲・音楽:小針克之助
作曲:古葉流ノ介
舞台監督:小野八着 
照明:橋本 剛
音響:(有)サウンドオフィス
振付・指導:小渕 博美 / 神子沢 恵 / 今野 歩 / 中村 有希子
ボーカル指導:岡 美保子
セリフ指導:渡辺 菜生子
殺陣指導:船木 壱輝
衣装レンタル:アトリエ・ヨシノ
衣装製作・管理:高野 聡子
VTR:映像製作リムーブイメージ
写真:株式会社フォト・クリエイト
メイク:トゥインクル・パウダー
イラスト:黒岩 千尋
製作:漆谷 有美(ドリーム・パフェ・スタジオ)/ 小池 すう(トウィンクル・ボックス)
協力:トウィンクル・ボックス
パンフレット製作:株式会社アーヴィック
スペシャルサンクス:真山 仁

ごあいさつ

毎年梅雨の時期、広尾のスタジオでは発表会の練習に励む子供たちの、笑顔と頑張る姿が見られます。
皆で心を一つにして舞台を創り上げる喜びは素晴らしく感動的です。
今回の発表会のテーマは<温かい心>と<平和>です。
第1部の創作バレエ「スプリング・ストーリー」では、春にまつわる童話のような作品が出来上がりました。
また、第2部のオリジナルミュージカル「Future」は、人間が争いによって滅び、それから1000年先の地球の物語です。
人類の歴史の中で幾度となく繰り返されている戦争は、私達人間にとって悲しく恐ろしい事実ですが、すべての人の心に家族を思う優しさがあればなくすことは可能だと私は信じます。
そして幸せになるためには、人を受け入れ愛する心が必要です。
その思いは生徒たちの演技を通して客席に温かい感動と共に伝わることでしょう。
今年も生徒たちは晴れの舞台のために一生懸命努力を重ねています。
きっと本番を終えた時、苦しいレッスンに耐えやり遂げた達成感と、華やかな舞台に立つ喜びを得ることでしょう。
どうぞ温かくお見守り頂きますようお願い致します。
  最後になりましたが子供たちの舞台をしっかりサポートして下さいますスタッフの
皆様、ゲストの皆様、そして、いつもたくさんの愛とお力で教室を支えてくださいます
「トウィンクル・ボックス」保護者の皆様に心よりお礼を申し上げます。

ミニー・ストーリー・ダンス主宰 杉もと みな子

~Special Thanks~ 真山 仁さんからのメッセージ

希望がかなわない時代になってきたと言われることが多くなってきた。
だが、あきらめからは何も生まれない。
希望を持ち続けること、それこそ大人が、子供たちに伝える大切な想いではないかと考えている。
しかし、そのためには、自分が生きているまわりのこと、社会、さらに自分とは異なる考えや習慣をもった人たちが、この地球で一緒に生きていることを知らなければ希望はひとりよがりで終わる。
“Future2008”は、希望の意味を体感できる作品だと確信している。

ページの先頭に戻る