第16回 発表会

トップ > イベント | 発表会 > 第16回 発表会

ミニー・ストーリー・ダンス発表会vol.16

日程
2009年9月23日(日)16:30開演
場所
めぐろ パーシモンホール 大ホール

発表会の様子

プログラム

第一部 オリジナルバレエ Earth

1.オープニング
全員
2.風のささやき
サファイアクラス
3.光
パールクラス
4.命のきらめき
ルビークラス
5.美しい海
エメラルドクラス・ガーネットクラス・ラピス
6.エンディング
全員

発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子 発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子 発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子

第二部 オリジナルミュージカル ビリーブ

フィナーレ

La La La

発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子 発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子 発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子 発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子発表会の様子 発表会の様子発表会の様子

ゲスト出演
大塚宝(和太鼓) 
上妻宏光(津軽三味線)
佃康史(尺八)
青木香葉(ベリーダンサー)
池田真一
真下有紀
スタッフ
構成・演出・脚本・振り付け指導  杉もとみな子
作曲・音楽 小針克之助・小針佑之助
舞台監督  小野八着/金安遼平
照明    橋本剛
音響    志和屋邦治
振り付け・指導  小渕博美・神子沢恵・今野歩・中村有希子
ボーカル指導  岡美保子
セリフ指導   渡辺菜生子
衣装レンタル  アトリエ・ヨシノ
衣装制作・管理 高野聡子
VTR  映像制作リム―ブ・イメージ
写真  フォトクリエイト
メイク トウィンクル・パウダー
制作  漆谷有美(ドリーム・パフェ・スタジオ) 小池すう(トウィンクルボックス)
協力  トウィンクル・ボックス
Tシャツデザイン  小池こなつ 小針佑之助
パンフレット制作  株式会社アーヴィック

ごあいさつ

広尾のドリームパフェスタジオでは、今年も生徒の皆さんが本番に向けて一生懸命レッスンに励んでいます。おかげさまで、ミニーストーリーダンスの発表会も今回で16回目になりました。昨年は平和をテーマとした作品「フューチャー」を上演致しましたが、今年の作品は広尾にスタジオがオープンした5年前と同じ「ビリーブ」です。生徒の皆さんと共にこの作品も成長し、より心温まるストーリーとなりました。テーマは(心のドア)です。人間が持つ素晴らしい能力の一つである想像力。大人も子供も毎日時間に追われ、便利になった半面、現実的な事ばかりに追われがちな現代ですが、目に見えないものを生み出したり感じたりする心のゆとりも忘れずに持ちたいものです。ここでは、主人公の女の子が創造した個性豊かなようかいたちが登場致します、同じように目に見えない(夢)(希望)(愛)(信頼)なども持ち続けたいものです。また、創作バレエでは私たちの住む美しい星(地球)をテーマに作品を創りました。大気・水・生命…私達はこの星に生まれることができて幸せです。今回はクラスごとにその地球の素晴らしさを作品にして踊ります。
  さて私事で恐縮ですが、これまでの発表会で作曲をてがけてきました夫小針克之助が今年7月に永眠いたしました。突然の事にその悲しみはとても言葉では言い表せません。しかし、地球の長い歴史の中で同じ時を過ごせたことは幸せでした。夫は病床にいながら皆様に出会えたことに感謝し、最後までこの発表会の事を大変楽しみにしておりました。きっとその魂は当日会場になり、私達を見守ってくれるでしょう。気持ちをひきしめ、これからも私は作品を一緒に創ってきた夫と生徒の皆様に感謝し、仕事に励んでまいります。今後ともどうぞ温かく見守って頂きましょうお願い致します。
  最後になりましたが、いつも教室を優しくそして強く支えて下さいます、スタッフの皆さま、講師の先生方、トウィンクルボックスのお母様方、ゲストの皆さま、そして生徒の皆さんに心より感謝申し上げます。

ミニー・ストーリー・ダンス主宰 杉もと みな子

みにぃ妖怪図鑑

鼓舞士丸(こぶしまる)
力強い太鼓を叩き、古来の男らしさを失いそうな男たちを引き付け力を漲らせる妖怪
夏女(なつめ)
人々がぬるま湯に甘んじてしまわないために、真夏に最も強い日差しを降り注いでいるのは夏女のしわざと言われている
奢々神(しゃしゃがみ)
日が暮れる刻、魔性のばちさばきで人の心の隙間に忍びこみ、恋心を惑わせる妖怪
艶羅々(えんらら)
妖艶な姿で甘い香りを振りまきながら踊る。黄昏時にゆるんだ心で、艶羅々の姿を見た者はその魔性のとりこになってしまう
節切囃(よぎりばやし)
子の刻、寂しい心を埋めてほしいと願う者にだけその音色が聞こえてくる。それは不思議と人の心を落ち着かせ、いつしか穏やかな夢へと誘う
十六夜姫(いざよいひめ)
満月欠ける十六夜に、いくばくかの静寂を人々に与え、波立った心を落ち着かせる力を持つ、月の満ち欠けを司る妖怪。
とっぴんしゃん
数いる妖怪の中でも長老。知る者はいないが実は元人間だった。それ故人に厳しいが慈悲深い妖怪
もんめびゃっこ
子供が大好きな妖怪。いたずらだが本当は淋しがりやで心優しい。
温木霊(ぬくぎだま)
古木に宿り、人の心に温もりと安らぎを与える
風鈴
風に宿る妖怪、時に激しく、時に優しく、ありのままを楽しむ
たゆたい
水に宿り、なすがまま、あらゆる姿に変身する妖怪
くゆらし
けむりに宿る妖怪 哀しみを天に流し人を優しい気持ちにさせる
たまゆら
人にせつなさを覚えさせ、はかないものに宿る妖怪
甘えんぼうず
人を甘えん坊の我が儘にする妖怪
眠りんぼうず
人に眠気を与え、やる気をなくさせる妖怪
みずがたり
つかみどころのない話をしかけ、人を素直にさせる妖怪
おしえばち
人の間違いを 真面目に正そうとする理屈っぽい妖怪
ぺろんぺろん
うすっぺらい妖怪、心の隙間に入り込み忘れたことを思いださせる。
てんてこわらし
人を焦らせ、意味もなくせっかちに忙しく動き回らせる妖怪
すってんわらし
焦る人々を転ばせて、はっと我に帰させる妖怪

ページの先頭に戻る