Believe 4月号 NO.5

トップ > 東雲カルチャー お便りビリーブ > Believe 4月号 NO.5

Believe 4月号 NO.5

   Believe 4月号 NO.5

春爛漫!今年は昨年よりも早い桜の開花を迎え、一気に春らしくなってまいりました。桜だけではありません。タンポポ、菜の花、ラナンキュラス、山つつじ等々・・・一斉に花を咲かせるそのエネルギーに、植物の力と大地のパワーを感じます。寒い冬の間ためていた力がわき出てきたようですね。毎朝自宅から会社までの道を歩いていて、枝だけの時は気付かなかった木が桜の木だった事にビックリしました!「あら~~あなたは桜だったのね~~」と嬉しくなってつい話しかけてしまいます。そして、歩きながら人間も同じかもしれないなんて考えたりもします。今は変化が見られず、何も変わらないように見えても、じっくりしっかりパワーをためて頑張っていれば好機がめぐってきた時にきれいな花を咲かせることが出来るのでしょう。「よし!私も頑張るわ(^。^)」と元気をもらいます。お子さんの成長もそうです。目に見えて成長したり良くならなくても(焦って惑わせなければ)その時が来れば必ず良い方向に成長していくものです。植物がそうであるように、子どもは自分で成長する力をもっています。スピードや個性は様々ですが、大人の物差しでかき回されることなく、そのお子さんらしく着実に大人に向かって幸せに大きくなっていってほしいと願います。

さて、お子さんの成長と言えば教室の指導を考えるにあたり思う事があります。それは今お子さんが大きくなる環境が偏っているのではないかという心配です。昔よりいろいろな意味で管理されて育つ子ども達。いくら不況といっても裕福な現代、お子さんは大した我慢をすることもなく、たいていのものは手に入れる事が出来ます。それでなのかは定かではありませんが、レッスンをしていてお子さんの方から「こうなりたい!」「これが出来るようになりたい!」という熱い思いを感じるパワーが少ないように思います。バレエを踊るためには<ガムシャラに頑張る><頑張り続ける><出来るまでやる!>事が大切です。でも多くのお子さんが100パーセントの力で熱くがんばる!!というより、「言われた事をきちんとやろう」「できればいいな~」というような感じです。私から見ていると皆さん70%ほどの力で頑張っている自分を100パーセント頑張っていると思っているようです。そして気が付くと指導している私が一番熱くなっているわけなのです・・トホホ(^。^)y-.。o○ そこで私がお尻を叩いて大きな声で「こ~~~ら!!もっと跳びなさい!!」と言うと「はい」と素直に残りの30%の力が出て、それまでとの違いにご本人がビックリという具合です。やりたくないわけでもなく、むしろ一生懸命上手になりたいとも思っているようですが、頑張り方がちょっと違います。

お行儀は大変良く素直なのですが。バレエはスポーツと似ています。なりふり構わずぶつかっていって失敗を繰り返して初めてわかる事はたくさんあります。どうも失敗するのがとっても嫌なようですね。((^u^)私は一生懸命頑張っていて失敗する生徒を叱る事はありません。やる気がないのか、頑張っているけれどまだ出来ないのかは見ればわかりますよね。 今後のレッスンを通じて≪がむしゃらに力いっぱい100%の力でがんばる≫という事の大切さをお分りいただくために、私達講師も指導法を工夫していきたいと思っています。

ミニーストーリーダンス代表 杉もとみな子

~東雲カルチャー新クラス体験レッスンのお知らせ~

5月より東雲カルチャークラブにて、

「初めて出会うベビーバレエクラス」(2才~3才を対象とするクラス)

「おはようクラシックバレエ」(大人を対象としたクラス)

を開講致します。下記日程にて体験レッスンを行いますので宜しくお願い致します。

~初めて出会うベビーバレエクラス~

<体験日>4月15日(月)・4月22日(月)

<時間>10:00~11:00

~おはようクラシックバレエ~

<体験日>4月15日(月)・4月22日(月)

 <時間>11:15~12:15

ぜひお友達をお誘いの上、体験に起こし下さい!!

 

発表会に関するお知らせ

先日発表会に関するお話をさせて頂きました。

カルチャークラスの皆さまのご出演は初めての事ですが、発表会の舞台に立つというご経験は、他では得られない特別な場です。この場が一生に残る良い経験となりますようスタッフ一同サポートさせて頂きます。

ご参加される方は5月になりましたら発表会の経費をお振り込みいただく予定です。それに関しますお知らせを後日配布いたしますので、よくお読みになって期日内に指定の口座にお振り込みください。(お月謝の振込先とは異なりますのでご注意ください)

ドリームパフェスタジオ代表 杉もとみな子

バレエシューズ関して

お子さんの成長は大人が思うより早いことがあります。

時々バレエシューズが小さくなってしまい、お子さんが痛がる事があります。

シューズの中で足の指が縮まらず開けるよう、時々サイズのチェックをお願い致します。

エスポワールメール

春爛漫!

今年もスタジオの前の桜が咲きました。広尾でレッスンを始めて10回目の春です。

桜の花びらが風に舞うと、まるで雪のよう。きれいです~(^。^)

 

でも・・・でもでも・・・楽しいはずの春・・・悩みの種は花粉症です。つらいですねえ。

私は子どもの頃、家族でお花見にでかけると、鼻はムズムズ、頭は重く体はだるく不機嫌になり、両親に「あなたはお花見に来るとなんでそんなに不機嫌なの?」と言われてまいっていましたが、今思えばあの頃から花粉症だったのですね。最近は中国の方からも何やら飛んできて・・・本当に不安ですねえ。というわけで、少しでも症状が軽くならないものかとマスクをしてみますが・・・私の場合はあまり効果が見られず・・・本当になやましいところです(@_@;)

ところでこのマスクですが、最近町を歩いてると沢山の人がマスクをしていますね。花粉症だけに限らないかもしれませんが、最近のその数はすごいです。そしてちょっと前では殆どありませんでしたが、マスクをしたままレッスンをするお子さんも1人か2人ですが見かけます。しかしバレエのレッスンでいえば、これはちょっと残念なことです。バレエは体だけで踊るものではなく、表情や気持ちも大きく関わってきます。マスクでお顔の半分以上隠していてはきっとさぞかし踊りにくい事でしょう。指導する側も生徒さんを見るにあたり、大変分かりづらいのです。このマスク・・・やっかいですね~~~。致し方ないのかもしれませんが、人間関係にも影響ありそうですね。マスクの下で、笑っているのか怒っているのか表情がよくわかりません。いかに人のコミュニケーションに表情が大切なのかを感じます。しかし、かく言う私も花粉症でくしゃみや鼻水が止まらずやむを得ずマスクをします。そんな時マスクをしたまま話していると、相手に私の気持ちが伝わっているのかどうか不安になります。ですからマスクをしたまま話す時は「花粉症なのでごめんなさいね。」とことわりつつ、いつも以上に言葉や声の調子に表情を持たせるよう頑張っています。・・・表情で伝える方が楽ですね~~~(+o+)

恐るべし花粉症! 恐るべしマスク・・・

きれいに咲く桜を見上げつつ、そんな事を思う今年の春です。

マスクをする必要がなく、皆さんがキラキラ輝く笑顔で歩ける日が望まれますね。杉の木や檜の木も一生懸命生きているのだと思いますが・・早く花粉症の特効薬が出来て、マスクなしで歩ける日がくると良いですね~。

<教室からのお願い>

教室のホームページ・ブログ・広告・facebook・YouTubeなどでレッスン風景や

舞台の画像を載せることがございます。

画像を載せる事に、不都合のある方は予め事務所までご連絡下さい。

ご連絡のない方は、ご了承頂けている事とさせて頂きますので、ご承知おきくださいませ。

ドリーム・パフェ・スタジオ 杉もとみな子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

p

コメント:0

コメントフォーム
お名前やメールアドレスを記録しますか?

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
https://dreamparfait.com/archives/22459/trackback

ページの先頭に戻る