9月13日発表会リハーサル~「パキータ」ソリストバリエーション

トップ > 先生方からのレッスンメッセージ > 9月13日発表会リハーサル~「パキータ」ソリストバリエーション

9月13日発表会リハーサル~「パキータ」ソリストバリエーション

「パキータ」ソリストバリエーション~振付指導:土肥靖子

 

先週はみなさんのソロを踊りきるソリストとしての自覚がついたと感じました。

 

また素敵な成長が見える時があって、感動しました。

 

DSC_0051

 

DSC_0052

 

 

DSC_0054

 

DSC_0050

 

 

前回から、ご自身から身体をつかって全力で練習する!

他の人を私が指導している際に、スタジオの空いてる部分を見つけ出して動く!動く!

良いことです。

今日は空を見て手を少し動かしながらイメージトレーニングなのかな。

絶えずシミレーションをしていました。

 

今を全力でいる姿勢は美しいなと思いました。

 

なので着々と上達しています。

 

 

一方もっと自分を出して良いよ。と思う場面もあります。

それぞれがそれぞれのペースで良いですから、全力で自分磨きしましょう。

 

今日お伝えしたひとつひとつ。整理して復習してもらえたら嬉しいです。

では今夜もゆっくりお風呂に入ってください。

 

 

 

 

9月13日発表会リハーサル 「パキータ」

パキータ~振付指導:土肥靖子

 

先週リハーサルしました「アントレ」と前回振付をした「アレグロ」。

今日はブラッシュアップです。

 

 

マズルカステップとワルツステップ、少しずつ身体に入ってきた様子が見えてよかったです。

特に後半のカプリオールとバロテの詳細をお伝えしましたから、くり返し踊って身につけてください。

 

「アレグロ」はまた同じことを伝えることになってしまい、残念でした。

しかも5番ポジションでのプリエ、アッサンブレをシュスに集めることです。

これは基礎の基礎です。

 

 

私の話を聞いても立ったまま何もしない人がいて。

聞いた瞬間すぐ何度も踊るの人がいて。

やればできるようになるだなと。

見ていてそう思いました。

 

 

ご自身でここが苦手かな。ここをもっと美しく踊りたいなと思うところはどこですか。

具体的に出して、身体をつかってください。

そうすれば必ず身につきます。お伝えしました。

 

来週はアダジオコーダをリハーサルしますね^_^

お願いします。

 

 

 

9月13日(日)花火 振付

花火振付  振付・指導:糸原聖美

今日も振り付けの続きです。

振り付けの時間は、動きを入れることがメインなので、

前回の復習はほとんどできません。

振り付けをもらったら、正しく覚えて空いている時間にしっかりと練習しておいてください。

そして分からないところ、曖昧なところがあれば必ず聞くこと。

これらは舞台で踊るみなさんの役目です。

次回は最後のポーズを決めて、どんどんクリーンにしていきます。

頑張ってくださいね。

DSC_0029

DSC_0030

9月13日発表会リハーサル~エメラルドクラス芦笛&スペイン

芦笛&スペイン~振付指導:土肥靖子

 

あし笛とスペインのリハーサル、2週目です!

 

カウントがアバウトだと身体もぼやけるので、明確にお伝えしました。

そして音楽の音色や曲調を意識していただくようお話ししました。

バレエは音楽と一緒に踊ることで表現がとても豊かになりますから、大切なのです。

覚えていてください。

 

あし笛さんはいま一度どんな踊りをしたいか、今日のリハーサルを経て何を練習しようか考えて動いてください。

気持ちを込めて。

まだ始まっていないように見えました。

もったいない。

 

スペインさんはとにかく動いてやってみるという姿勢が、積極的で良かったです。

もっとつま先を伸ばしてほしい所やおぼつかないところはありますが、カッコよく踊りたいという熱意はしっかり届きました。

お客様も人であり心がありますから、必ずお客様に皆さんの心は届きます。

 

DSC_0031

DSC_0047

 

 

まずは自分をたいせつに。

そしてお客様に心を込めて踊りましょう。

 

今日のことを大切に通常レッスンで練習を重ねていただきたいです。

お願いします^_^

 

 

 

9月13日(日)さくら 振付

花火振付  振付・指導:糸原聖美

さくらの振り付けは今日でおしまいです。

あとはしっかりと練習を重ねていくことです。

今日、すぐにできなかったところがあっても良いのです。

これからコツコツ練習を重ねていきましょう。

でも、分からないところをあいまいにしておいてはいけませんよ。

必ず確認して、正しく練習をしてくださいね。

さくらの踊りは、柔らかい雰囲気で、音を存分に使って踊ってほしいと思っています。

自分で情景を思い起こして練習してくださいね。

DSC_0022

DSC_0028

ページの先頭に戻る