9月20日発表会リハーサル パキータ ソリスト・エトワール

トップ > 先生方からのレッスンメッセージ > 9月20日発表会リハーサル パキータ ソリスト・エトワール

9月20日発表会リハーサル パキータ ソリスト・エトワール

9月20日 発表会リハーサル パキータ ソリスト・エトワール 指導:土肥靖子

 

今日は自分が踊りたい踊り、

それを踊る自分、お客様から見える自分の踊り。

など俯瞰も含めて、より広い想像力や表現を活用できるよう進めました。

 

 

効果が見えて良かったです。

虫眼鏡をつかって見ることと、

色んな視野から広く大きく見ること。

両方共に大切だと思います。

 

リハーサル前にみなさんで話をしながら進めましたら、

その後のみなさんの踊りに深みが増してきました。

踊り方も含めて(しなければならない細かなバレエの基礎の先の、

ご自身が心の底から豊かに身体を動かすこと)学びの時間になると良いです。

 

 

もっと細部においてどのようにしていきたいか、探究できると思いました。

いつもいつも音楽を聞いて深めてください。

楽しんでくださいね。

 

今夜もゆっくりお風呂に入って癒してくださいね。

DSC_0044

DSC_0042

DSC_0043

DSC_0039

 

9月20日発表会リハーサル パキータ ソリスト・コールド

9月20日発表会リハーサル パキータソリスト・コールド  指導:土肥靖子

 

今日は「アダジオ」と「コーダ」をリハーサルしました。

 

「アダジオ」とは

イタリア語で「ゆっくりとした」「遅い」という意味で、

ゆっくりと遅いテンポの曲のことを指す音楽用語でもあります。

 

バレエでパドゥドゥで2人で優雅に踊ること、

そして今回の場合はゆっくりとした音楽に合わせて踊るです。

 

この意味、曲調を身体で表現すること

(アダジオに限らず全てにおいて)がとても大切です。

急に振り向いたり合わない動きが見えましたから、気をつけて。

上記を覚えていただけると良いと踊りに心が入ると思います。

 

プロムナード

目線、角度、

カウント、床につくデヴェロッペ

歩く際のつく足と上半身のバランス

それぞれ復習していてください。

流さず明確に身につけられるような復習をお願いします。

 

 

だいぶ身体に馴染んで来た所が増えてきたので、

良かったです。この調子です^_^

 

DSC_0037

DSC_0035

DSC_0038

9月20日発表会リハーサル チャイナ・トレパック

9月20日発表会リハーサル チャイナ・トレパック 指導:土肥靖子

 

 

今日から2週にわたっては、チャイナとトレパックのリハーサルです。

 

チャイナさん

「ラストのピルエットは右回りですが

左に回ってしまうので気をつけて練習する」

というような内容をレッスンノートに書いていたのを読みました。

 

しかししっかり左回り・・・。

パッセも右なのか左なのか間違えて目が泳ぐ始末・・・。

そのような姿勢では上達できません(ハッキリ)。

ごまかさず誠心誠意でリハーサルしてください。

 

お伝えすると、一生懸命頑張りました。

ぐんぐんと上達が見えて良かったです!

子どもたちの素直さと、成果には本当に感心します。

 

 

今日感じたことをぜひ続けることが大切です。

ですから、プリエ〜シュスへ向かう「プリエ」

そして「シュス」のポジションを特訓。

上半身のキープを特訓。続けていきます。

 

 

 

トレパックさん

音楽のリズムを感じること。

このリズムと一緒に身体をつかうこと。特訓です。

単純に動かす速度が足りないだけですので、

音楽をたくさん聞いてリズムと身体を合わせていきましょう。

 

今日のキャンディを両手でキャッチ(イメージ)ライン。

ワルツの全身のリリースする角度、場所を特訓です。

 

 

とても楽しそうにキャッキャ言いながら練習していましたね。

キャンディーやぶどうを

パールさんにプレゼントするようにイメージ)など、

踊るひとつひとうに物語をつくったり想像すると

より大きくのびやかに心のこもった踊りが表現できると思っています。

今日の感触を次回を続けていきましょう。

 

また来週です!

DSC_0034

DSC_0029

DSC_0032

DSC_0033

9月20日 発表会リハーサル さくら

さくら振付・指導:糸原聖美

 

振り付けは全て終え、細かいところをどんどんきれいにしていく段階に入りました。

さくらの踊りは、音楽をたっぷりと使い、一つ一つの動きをなめらかにしてほしいと思っています。

小さな動き、例えばお顔の付け方一つで、良くも悪くも踊りの雰囲気が変わってきますので、

どんなに小さな動きからも優雅さが伝わるよう意識して練習してください。

 

腕の動きをなめらかにすること、またお首周りをスッキリさせることをまずは頑張っていきましょう。

DSC_0013 DSC_0016 DSC_0018 DSC_0023 DSC_0025

9月20日 発表会リハーサル 花火

花火振付・指導:糸原聖美

 

今日から花火も細かい部分をよりきれいにしていきます。

花火の踊りは力強く、カッコいい感じ出していけたらと思います。

目線を下方にむける振り付けがありますが、目線が下になるときは、体も下に落ちないように気をつけてください。

また、下方をと言っても近くの真下を見るのではありません。遠くの斜め下です。

 

そして、目はしっかりと開いていますよ。

また、花火の踊りは、皆で踊るパートは腕や体の角度をきっちりと揃えてください。

揃うととても美しくなりますが、揃わないと全然美しくなくなってしまいます。

美しいか美しくないかしかありませんので、美しくなるよう、周りを感じながら、頑張っていきましょう。

DSC_0003 DSC_0004 DSC_0006 DSC_0007 DSC_0008

ページの先頭に戻る